みなさんへの今日のひとこと

2017年11月21日(火)

2017年11月21日 / みなさんへの今日のひとこと

飛び立つ鳥 跡を濁さず

 

注釈:

いつか我々は必ず肉体を脱ぐ。

その肉体を脱ぐ時,

現象世界に一点の執着も残さないよう、

分離感がないよう 心を磨き上げ 準備をしておくこと。

2018年11月15日(水)

2017年11月15日 / みなさんへの今日のひとこと

神我として どんな困難にも耐え抜く我となる

 

注釈:

明想を通して内側の神とつながることにより

どんな困難が起ころうとも 打ち勝つ自分を作っていく、完成させる。

2017年11月3日(金)

2017年11月3日 / みなさんへの今日のひとこと

真の復活、真の蘇りとは,永遠の命を受けること

 

注釈:

肉体が生かされる、生き返ることが,復活、蘇りと言われているけれど

これは肉的なことで、本当の復活、蘇りではない。

真の復活、蘇りとは、即ち 神との合一である。

2017年10月18日(水)

2017年10月18日 / みなさんへの今日のひとこと

真理は 我を自由ならしめん
真理は すべてを自由ならしめん
真理を知らぬが 最大の罪であり、最大の無知である。

 

注釈:

真理とは本質、本物。

それを知らない故に 無知のままに 様々なカルマという宿題を背負い この現象世界へやってくる。

しかし、例えば私が恨み、怒り、嫉妬に燃えていても

真理を、本質を理解して生きていさえいれば、それからすべて解放される。

全く 恨みもなければ、怒りもなければ 自由になる。

そしてその真理を知らないことが 最大の罪であり、無知である。

これは ネガティブな波動によって地球を汚したり、自分がカルマと言う重荷を背負ったりする、ということである。

2017年10月13日(金)

2017年10月13日 / みなさんへの今日のひとこと

慈場とは よく外の世界に求めるけれど
慈場とは 自分自身の、愛としての本質が慈場である。

 

注釈:

よく 慈場(磁場)がいい、悪いと言うけれど

外にいい慈場を求めるのではなく、

本当の慈場と言うのは、「慈悲の慈場」と言うのは、 我が内にあり。

自分自身が「慈場」である。

2017年10月8日(日)

2017年10月8日 / みなさんへの今日のひとこと

この世の花々は どんなに美しく咲き誇っても いつかは枯れて散りゆくもの。
我々ひとりびとりは 神我なる花を開花させること

 

注釈:

「この世の花」は「現象世界のもの」。そしてそれはすべて偽り、いつかは枯れていくもの。

「この世の花」は金や富に満たされている人間,

「この世の花」は我々が見ている 目に見える花も意味するけれど,また富や地位、名誉、この世の金、物質も意味する。

それらはいつかはなくなりゆくもの、すべて偽り。

私達は永遠の神我の花を咲かせていきましょう。

2017年10月1日(日)

2017年10月1日 / みなさんへの今日のひとこと

浅瀬を泳いで、浅瀬を潜っては, 真珠という宝物はつかめない。

 

注釈:

この現象という結果の世界に振り回されて生きている限りは、根源の世界には帰れない。

「外」という結果世界に振り回されていることが「浅瀬を泳ぐ、浅瀬を潜る」という事。

外を見るな、外に生きるな。

2017年9月26日(火)

2017年9月26日 / みなさんへの今日のひとこと

悩める者よ 幸いなり、苦しき者よ 幸いなり、
その者は 天の国を見るであろう

 

注釈:
悩んでいる人、自分の状況が苦しいと思ってる人は

それを糧にして 真理の追究をすることができる。

だからこそ幸いなる者となることができる。

苦しいことがあるからこそ、真理の道に入ることができる。

2017年9月18日(月)

2017年9月18日 / みなさんへの今日のひとこと

この世で大きいものは あの世で小さきものとなる
この世で小さきものは あの世で大きいものとなる

 

注釈:

「私が偉い」「私が先生」という傲慢な者は、あの世に行った時 低い位置につく。

この世では地位もお金もなく見下された者、しかし愛に満ちている者は、あの世に行った時 高き位置につく。

2017年9月11日(月)

2017年9月11日 / みなさんへの今日のひとこと

我を悟った者ほど 稲穂のように こうべを垂れる

 

注釈:

実の詰まった稲穂の様に頭を垂れてる人、そのように謙虚な姿勢で真理を学ぶ人というのは 成長も速い。

実の詰まってない、中身のない者ほど「自分が偉い」になってしまう。

謙虚に学ぶ姿勢が 自分を成長させる、その成長も速くなる。